飛蚊症サプリメントナビ

目次

 

管理人

明るい空や白い壁などを見ると、小さいほこりか虫のようなものがごにょごにょ動いているように見える・・・本当にうざったいですよね。

私は小さいころから飛蚊症に悩まされてきました。
小学生の頃にはすでに自覚症状がありましたが、他の人もそういうものなのだと思って、誰にも相談した事はありませんでした。

 

でも、だんだんと成長するにつれて、これが自分だけの症状だとわかり…飛蚊症という病気だということを知りました。
いわゆる、「生理的な飛蚊症」ですね。
調べてみると、「飛蚊症は治らない」とか、「一生付き合っていくしかない」とか書いてありましたが、病気だとわかってしまってからは、今まで気にしていなかったものが気になってしょうがなくなり、飛蚊症を治したい!と思うようになりました。

 

そこで、自分なりに飛蚊症の原因や治療方法、改善・対策方法などを調べてみて、最終的に「ルテインサプリメント」にたどり着きました。
このサイトでは、私が調べた飛蚊症に関する知識や、ルテインサプリメントを飲んでみた体験談を載せているので、私と同じく飛蚊症に悩んでいる方がいましたらぜひ参考になさってくださいね!

飛蚊症とは?飛蚊症の見え方

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、その名前のとおり、目の前を蚊のようなもの、虫のようなものが飛んでいるように見えるという目の病気です。
蚊のようなものとは言いましたが、見えるものは人それぞれで、黒い点や薄い雲のようなものが見える人もいるそうです。

 

自分が目を動かすと、その黒い点や虫のようなものも同じ方向に移動し、さらに細かく揺れている事が多いので、蚊が飛んでいるように見える事からこの名前になりました。
症状の初期のころは、普段はあまり気付かないのですが白い壁や空などの背景が明るく単色のところを見た時にはっきりと見えるようになる事が多いようです。

 

飛蚊症の見え方

飛蚊症の見え方には、蚊のような黒い点が一匹だけ細かく移動するように見えることもありますが、多いのは糸くずのような線や虫のような点がたくさん浮遊するものです。
黒い線が浮遊して見える場合や黒い線と点が混在して浮遊している場合、白い線が浮遊していたり、白い線と点が混在して浮遊している場合など、飛蚊症の見え方は人それぞれです。

 

私の場合は、白(透明)の点が縦横無尽に動き回っているような感じです。
よく、飛蚊症の見え方の動画などで、動きのないものが、目線の方向に合わせて動くものがありますが、そんな簡単なものではなく、それこそ生き物のように目の前をちらちらちらちら舞っています。
良く晴れた青空を、心から綺麗と言えない・・・。
非常にうざったいですよね・・・。

 

参考に、飛蚊症の見え方の動画があったので掲載いたします。

 

 

これ以外の見え方をする人もいますが、見る方向を変えてもそれらの浮遊物が視線の方向に細かく動きながらついてくるという点は一致しています。
それは、目の中に飛蚊症の原因があるからなんです。

 

飛蚊症は治せない?

管理人

飛蚊症で見える黒い点や糸くずのようなものは、目をこすったりしばらく目を閉じて目の疲れを取ったりしても見えなくなりません。

薄暗いところや周囲の背景がごちゃごちゃしているところに行くと見えなくなる事もありますが、それはただ景色に埋もれているだけで、明るいはっきりしたところに行くとまた見え始めます。
見えることを意識し始めるととても気になる飛蚊症ですが、医師に診察してもらっても、そのうち慣れます、などと言われる場合もあります。
眼病が原因の飛蚊症なら処置が必要ですが、そうでない場合は慣れてくると飛蚊症の存在に気付かなくなる事もあります。
でも、気づいてしまうと本当にイライラしますよね。

飛蚊症の詳しい原因を探る

一度意識し始めると、とても気になる飛蚊症ですが、この飛蚊症は、どういった原因で発生するのでしょうか。
飛蚊症の原因については、治療の必要のない生理的なものと、治療が必要な病的なものがあります。
それぞれの原因について詳しく説明します。

 

生理的飛蚊症

加齢・老化による飛蚊症

飛蚊症

(引用:http://www.me-kaiteki.com/eye-symptoms/eye-floater/)


生理的飛蚊症は、基本的には「加齢に伴って発生する」飛蚊症と言われています。
私たちの眼球の中には、透明なゼリー状のものがつまった硝子体と呼ばれるものがあります。
この硝子体は若い時は透明で、眼球の内側の網膜にぴったりと貼り付いています。
しかし、この硝子体は年齢を重ねると収縮し、網膜からはがれてしまうのです。
これが硝子体剥離という状態で、元々の接着部分の影が飛蚊症となるのです。
硝子体剥離自体は病気ではなく、加齢による自然現象とも言えますが、網膜裂孔や網膜剥離を起こす危険性もあります。
老眼については、老眼予防ラボが参考になります。

子どもの頃からの飛蚊症

私のように子どものころから症状がある飛蚊症は、様々な原因が考えられます。

  • 胎児のころに硝子体に通っていた血管の名残
  • 小さいころに紫外線を浴びすぎた

また、近視の場合は飛蚊症を発症しやすいということもわかっています。

 

病的飛蚊症

網膜裂孔や網膜剥離による飛蚊症

網膜裂孔は網膜に穴が開いてしまった状態で、網膜剥離は網膜がはがれてしまった状態の事です。
このような時には飛蚊症が発生する事が多いのですが、人によっては視界の中に閃光のようなものが見えることもあります。
病状が進行すると、視野が狭くなったり視力が低下したりといった症状が起き、失明してしまう恐れもあります。

 

硝子体出血による飛蚊症

糖尿病や高血圧、外傷などを原因として硝子体の中で出血してしまった場合、その血が影のように見えて、飛蚊症が起こることがあります。
その影がだんだん濃くなるようなら、まだ出血が止まっていないと考えられます。
また、出血がひどくなると、もっと視界が霧がかかったように見えにくくなることもあります。
早めに眼科を受診しましょう。

 

ブドウ膜炎による飛蚊症

ブドウ膜炎の中には、硝子体が濁ってしまうという症状があるものもあります。
そのような場合は飛蚊症になります。
ブドウ膜炎にかかると、飛蚊症の他にもまぶしさを感じたり、もやがかかったような見え方になったり、充血や視力低下が起こったり、目が痛んだりといった症状を伴うこともあります。

飛蚊症の治療にはお金がかかる?

管理人

飛蚊症の治療方法は、目薬では治せませんし、手術の場合は網膜裂孔「硝子体手術」というものがありますが、非常にリスクも多い手術方法です。

さらに、費用は10〜20万円ほどかかる場合もあります。
また、最近ではレーザー治療もありますが、5〜10万円ほどのお金がかかり、決して気軽に選択できる金額とは言えないですよね。

 

完全に飛蚊症を改善する方法は確立されていない

インターネットで飛蚊症の治療方法を調べると、飛蚊症を治すメガネやトレーニング、飛蚊症改善プログラムなども見つかりますが、これらが本当に飛蚊症の改善に効果があるのかどうかは分かりません。
完全に飛蚊症の治療方法は、まだ確立されていないんです。
病気が原因の飛蚊症は、その病気を治すことで改善できますが、生理的飛蚊症の場合は眼科でも慣れてくださいと言われます。
メガネなどでもプラシーボ効果で改善する場合もありますが、地道に生活習慣を整えるしか自分でできる事はないでしょう。

 

そこで、病院に頼ることなく、自分で出来る飛蚊症の改善方法・対策方法を調べてみました。

自分で出来る飛蚊症の改善・対策方法

飛蚊症を改善する方法、またこれ以上進行しないようにする対策方法ですが、ポイントは2点考えられます。

 

食生活を改善する

管理人

飛蚊症の原因は、眼球内の硝子体が濁ってしまう事です。

その硝子体の濁りを引き起こすのが活性酸素です。
活性酸素は老化の原因として知られるもので、適量なら体内の有害物質を攻撃してくれる有益なものですが、増え過ぎると健康な細胞まで攻撃してしまって老化を招いてしまうのです。
この活性酸素が硝子体を濁らせるので、抗酸化作用のある食べ物を食べるようにすれば、飛蚊症の症状を止めることが出来るでしょう。
抗酸化作用のある成分・食べ物を紹介します。

  • ビタミンE…いくら・鮎・いわし・モロヘイヤなど
  • ビタミンC…ピーマン・アセロラ・レモン・ゴーヤモロヘイヤなど
  • βカロテン…にんじん・ほうれん草・かぼちゃなど
  • ポリフェノール…ゴマ・大豆・ブルーベリー・リンゴなど
  • アスタキサンチン…桜えび・紅しゃけ・いくら・金目鯛など
  • ルテイン…ほうれん草・ケールなど

これらを積極的に食べるようにしましょう。

 

活性酸素を増やさないような生活を心がける

活性酸素を出来るだけ減らすためには、食生活以外にも気を付ける事があります。
それは、

  • 紫外線を過度に浴びないこと
  • ストレスを溜めこまない事
  • 過度の飲酒や喫煙を控えること

などです。
また、揚げ物やスナック菓子、糖分の多い洋菓子なども避ける方が良いようです。

 

ただ、忙しくなかなか食生活の改善やストレスの改善が出来ない方や、好き嫌いの多い方もいると思います。
そうなると、他に何が良いのだろう・・・と考えたときに、上記の成分が入ったサプリメントの存在を知りました。

飛蚊症に効くサプリメントを選んでみた(口コミ体験談)

飛蚊症の予防・対策に効果のある成分がわかりましたが、サプリメントを選ぶ際には、下記の成分に重視しました

 

抗酸化作用のあるビタミン

管理人

飛蚊症に効くサプリメントを選ぶ際、まずビタミンEやビタミンCが入っているものに重点を置きました。

特にビタミンEは抗酸化ビタミンとも言われるほど抗酸化力が強い上に、血液の流れを良くする効果もあるので、飛蚊症には効果的なようです。
ビタミンCにも活性酸素を補足して無害化する力があります。

 

ルテインの効果

ルテインも前述のビタミン同様に抗酸化力の強い成分です。
そのうえ、網膜の視機能を保護する力もあるので、飛蚊症の予防・改善と同時に紫外線などからも網膜を守ってくれます。

 

アスタキサンチンの効果

その他に抗酸化力のある成分として、アスタキサンチンがあります。
あまり聞きなれない成分でしたが、アスタキサンチンの抗酸化力は非常に強く、ビタミンEの1000倍とも言われていますから、飛蚊症にも効果を発揮してくれるでしょう。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンもおすすめ

また、飛蚊症に有効な成分としてヒアルロン酸があります。
ヒアルロン酸は抗酸化力もありますが、目の硝子体に存在し、保湿力も優れているので硝子体を濁らせないためには必要な成分だと言えます。
また、コラーゲンも硝子体と網膜をつなげる成分なので、不足しないようにしたいものです。

 


上記や、飛蚊症対策になる成分を意識して探したところ、最近販売が開始された「めなり」というサプリメントに行き当たりました。

 

めなり

 

めなりの特徴

めなりは、目をパソコンやスマートフォンのブルーライトなどの有害な光から守ってくれるアントシアニンが豊富なビルベリーを、業界トップクラスの170r配合しています。
また、ルテインを12rも配合したアイケア専用のサプリです。
他にもパプリカに多く含まれるゼアキサンチンやなかなか食事からは摂りずらいアスタキサンチンやクロセチン、βカロテン、ビタミンE・C・B1・B2・B6・B12などのビタミン群やミネラルなど、必要な栄養素がバランスよく入っているのも良いサプリだと思いました。

 

めなりの飛蚊症への効果

めなりの飛蚊症への効果で特筆すべきものは、ルテインの含有量です。
一日の摂取目安量が6〜10rと言われるルテインが、めなりには12rも入っているのです。
ルテインはその抗酸化力の高さで硝子体の酸化を防いで、硝子体の濁りが原因の飛蚊症に効果を発揮するはずなので、めなりは飛蚊症への効果も期待できると思いました。
さらに、アスタキサンチンは抗酸化力ではルテインを上回りますし、他の成分も活性酸素の除去に役立つものが多く含まれています。

 

めなりを実際に飲んでみて

めなりは現在モニターキャンペーンを行っていて、先着で300人に限り初回が77%オフで907円で購入出来るのと、15日間なら返金してもらえるという点も安心だったので購入しました。
サプリってあまりにも体に合わない場合があって、お金を無駄にすることがあるので返金してくれるのは良いですよね。

 

注文してしばらくして届きました。

 

めなり

 

裏面の成分表はこんな感じです。

 

めなり

 

ビルベリーというのは、ブルーベリーよりも色が濃いベリーで、アントシアニンも非常に多く含まれているそうです。
アントシアニンは飛蚊症というよりは、視力の回復などの効果があるとよく聞きますが、眼圧や血流改善にも効果があるので、総合的に飛蚊症改善にも効果がある気がします。

 

めなり

 

1日2粒なので、朝と夜に飲むことにしました。匂いや味は特になく、飲みやすいです。
正直15日間では変化がわからず、ただ体に悪影響を及ぼすこともなかったので返金はせず飲み続けることにしました。

 

めなりを飲んで1か月半、飛蚊症への効果

めなりは定期便になっていて、1カ月ごとに自動的に届くのでいちいち注文をする必要がなく便利です。
1か月半飲みつづけて、肝心の飛蚊症への効果ですが、ほんの少し、気にならなくなったかな?
くらいで、そこまで実感は無いですね。

 

それよりも、スマホやパソコンによる疲れ目や、しょぼしょぼ感への効果の方が実感できました。

 

飛蚊症が悪化するときは、今までよりも突然ゴミの量が増えたり、透明だったものが黒くなるそうです。
年を重ねると飛蚊症の症状が重くなったり、網膜裂孔や網膜剥離を起こす可能性もあるので、サプリメントで予防するのはやっておいた方が良いと思います。

飛蚊症サプリメント10選

ここからは、私が飲んでいる「めなり」も含めた、飛蚊症の方におすすめのサプリメント10選を紹介していきます。

めなり

先ほども紹介しためなりは、飛蚊症や目に良い成分がバランスよく含まれている点が非常におすすめです。
ルテインの量は12mgと十分ですし、クロセチンという、ルテインの力を引き出す希少な成分が含まれているサプリメントは、他にはなかなかありません。
成分的にも金額的にも、かなりおすすめです。

初回価格 定期価格
908円 2,980円
めなりの成分
ビルベリー・アントシアニン・ルテイン・ゼアキサンチン・アスタキサンチン・クロセチン・カシスエキス・βカロテン・ビタミンE・ビタミンB群・ビタミンC

ビルベリープレミアム

ビルベリープレミアムには目の健康に有用なポリフェノールがブルーベリーの14倍含まれるとも言われるマキベリーや、抗酸化力の高いルテインが含まれています。さらに、もっと抗酸化力の強いアスタキサンチンも含まれていますし、目の健康維持に欠かせないビタミンAやビタミンB群も含まれています。ルテインやアスタキサンチンなどがどれぐらいずつ配合されているのかが公表されていないので、その点は不安ですが、入っている成分は豊富なので、おすすめだと思います。

通常価格 定期価格
1,687円 1518円
ビルベリープレミアムの成分
ビルベリー・マキベリー・エルダーベリー・アントシアニン・ルテイン・アスタキサンチン・カシスエキス・ビタミンE・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンA・メグスリノキ

アスタブライト

アスタブライトにも飛蚊症に効果があると言われているルテインが入っていますし、飛蚊症に効果があるとされる根拠の抗酸化力についてはルテインを上回るアスタキサンチンが豊富に配合されています。さらに、アスタブライトに含まれているDHAやEPAには血流を良くする働きがあるので、ルテインやアスタキサンチンの成分を必要なところまで送り届けることが出来るのです。アスタブライトは飛蚊症に効果的なサプリメントだと言えるでしょう。

通常価格 定期価格
4,908円 1,834円
アスタブライト成分
マキベリー・アントシアニン・ルテイン・アスタキサンチン・EPA、DHA・ビタミンE・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンA

ブルーベリー&メグスリノ木EX

ブルーベリー&メグスリノ木EXにも飛蚊症に効果があると言われているルテインが含まれています。また、メグスリノキエキスも様々な眼病に効くとされて古来から利用されてきた成分です。実際にブルーベリー&メグスリノ木EXで飛蚊症が改善したという口コミもあるので、試してみても良いのではないでしょうか?

通常価格 定期価格
2160円 1,944円
ブルーベリー&メグスリノ木EXの成分
ブルーベリー・マキベリー・アントシアニン・ルテイン・アスタキサンチン・EPA、DHA・βカロテンビタミンE・ビタミンB群・ビタミンC

北の国から届いたブルーベリー

北の国から届いたブルーベリーにもルテインが0.53r入っています。ルテインの一日の摂取目安量は6〜10rなので、量は十分とは言えませんが、その代わりにさらに抗酸化力の高いコエンザイムQ10も配合されています。コエンザイムQ10は細胞単位で体を活性化させてくれる成分で、これもまた生理的飛蚊症の予防・改善に役立つ成分です。

通常価格 初回価格
2,160円 1,080円
北の国から届いたブルーベリーの成分
ビルベリー・アントシアニン・ルテイン・EPA、DHA・カシスエキス・βカロテン・メグスリノキ・コエンザイムQ10

やずやクリアルテイン

やずやクリアルテインには、ルテインが20r入っています。アフリカンマリーゴールドという一般的なマリーゴールドよりも花が大きく、ルテイン含有量が豊富な植物からルテインを抽出しているので、このたっぷりのルテイン量を実現できているそうです。他にも抗酸化力の強い成分がたくさん配合されているのでおすすめです。

通常価格 初回価格
3,240円 1,620円
やずやクリアルテインの成分
ルテイン・ゼアキサンチン・アスタキサンチン・クロセチン・βカロテン・ビタミンB群・ビタミンE

朝のルテイン&プラセンタ

朝のルテイン&プラセンタは、ルテインの量が40mgとサプリメントの中ではトップクラスに多く、飛蚊症への効果の高さが期待出来ます。一日のルテインの摂取目安量は6〜10rなので、過剰摂取が心配になりますが、世界保健機構(WHO)の下部組織であるJECFAによると、1日あたり体重(kg)×2rのルテインを摂取しても健康に問題ないとされていますから、大人であればまず大丈夫でしょう。プラセンタも高い抗酸化力を持ち、そのうえ栄養の宝庫で組織修復作用もありますから、飛蚊症に効果があると考えてもいいでしょう。

通常価格 定期価格
9,800円 7,840円
朝のルテイン&プラセンタの成分
ルテイン・ゼアキサンチン・プラセンタ

めばえ

めばえにはルテインが20rも配合されているほか、リコピンやゼアキサンチン、アスタキサンチンといった強い抗酸化力を持つカロテノイドも入っています。ビタミンEも抗酸化ビタミンとして知られていますから、かなりの活性酸素が除去されて飛蚊症の原因である硝子体の濁りが抑えられるでしょう。さらにイチョウ葉エキスには血流を改善する効果がありますから、眼球の毛細血管を通して目に十分な栄養を行き渡らせることが出来、目の不調をカバーすることが出来ます。

通常価格 定期価格
1,728円
めばえの成分
ルテイン・アスタキサンチン・リコピン・イチョウ葉・ビタミンE

大正ブルーベリー

大正ブルーベリーにはルテインが6r配合されています。大正ブルーベリーの成分は大正製薬のノウハウによる製法で体に無駄なく吸収されるのが特徴です。

通常価格 初回価格
3200円 1,000円
大正ブルーベリーの成分
ビルベリー・アントシアニン・ルテイン・ビタミンC

クッキリン

マキベリーをたっぷり配合しているサプリメン、クッキリンにもルテインが含まれています。その他プロポリスやビタミンCなども含まれています。おやつ感覚で食べられるところがいいですね。

通常価格 初回価格
3240円 1620円
クッキリンの成分
マキベリー・アントシアニン・ルテイン・ビタミンC・プロポリス

さいごに

飛蚊症予防・改善効果のあるルテインサプリはこれ以外にもたくさん販売されていますが、抗酸化力の強い成分が入ったサプリメントを紹介しました。
サプリメントは飲み始めたらすぐに効果が出るものでは無いですが、飛蚊症をこれ以上悪化させないためにも、必要な栄養素をきちんと補っておくのは重要だと思います。

 

特に、老眼から来る飛蚊症は、一度進行してしまったらもう元に戻らないですし、早めに対策しておくのが良いでしょう。

 

わたしの回りでも、年を重ねて突然飛蚊症の虫の量が増えた!とか、酷くなった!という人が何人かいます。
飛蚊症の改善のためだけでなく、重症な飛蚊症の予防のためにも、サプリメントを活用してみてくださいね。