急に飛蚊症になったら、症状が酷くなったら…怖い病気のサイン?

飛蚊症になる人は珍しくありませんし、加齢による飛蚊症は治療の方法もなく、慣れれば大丈夫と言われる事もあって、あまり深刻に考えられない事が多いものです。
しかし、症状が急に変化したり、ひどくなったりしたら病気のサインかもしれません。
飛蚊症になり得る病気をご紹介します。

 

網膜裂孔

目の奥一面に広がっている、水晶体を通った光が映し出される薄い膜のような組織が網膜です。
この網膜に開いた穴や亀裂を網膜裂孔と言います。
網膜裂孔になった時も飛蚊症のような症状が現れます。
網膜裂孔は網膜剥離の主要な原因となります。

 

網膜剥離

網膜は光を感じる神経網膜と、その土台となる網膜色素上皮の二層に分かれています。
神経網膜が網膜色素上皮からはがれてしまうのが網膜剥離です。
網膜裂孔を原因とするものを裂孔原性網膜剥離、そうでないものを非裂孔原性網膜剥離と言います。
網膜剥離の場合も飛蚊症の症状がありますが、放置していると失明する恐れもあるので、症状がひどくなったり光視症などが加わったりした時にはすぐに眼科に行きましょう。

 

硝子体出血

硝子体出血は、様々な原因によって眼球内で出血したものが、目の中の硝子体の中に溜まっている状態です。
硝子体はゼリー状で透明な組織なので、ここに血が留まることで見え方に影響が出て、その程度によって飛蚊症や視力低下などが起こるのです。
硝子体出血は加齢黄斑変性症やくも膜下出血、網膜剥離などによって起こる場合もありますから、これも早めに医師の診察を受けた方がいいでしょう。

 

ぶどう膜炎

ぶどう膜は眼球の中心部を包み込むように広がっている脈絡膜、毛様体、虹彩の三つの総称です。
このぶどう膜に何らかの原因で炎症が起こることをぶどう膜炎とまとめて呼びます。
そのため、内眼炎と呼ばれる事もあります。
ぶどう膜炎の原因には様々なものがあり、中には失明につながってしまうものもあります。
ぶどう膜炎になると、硝子体にも炎症性細胞が入り込むので飛蚊症の症状が現れるのです。
原因を特定するためにも、早めに眼科で診察を受けましょう。

 

飛蚊症予防にサプリメントめなりを飲んだ体験談